企業のなかの男と女 - ロザベス・モス・カンタ-

企業のなかの男と女 ロザベス

Add: wypyxu17 - Date: 2020-12-15 11:13:29 - Views: 953 - Clicks: 7007

本書は,男性と女性という視点を投入して企業 組織を分析しようとする研究にとって,欠かすこ とができない一冊である。ハーバード大学ビジネ ススクールの教授,ロザベス・モス・カンターが 1977年に出版した本書1)は,数々の賞を獲得し ている。. その他-【中古】 企業のなかの男と女 単行本【ネコポス発送】 生産性出版 / 葉子 高井 カンター, ロザベス・モス / 女性が増えれば職場が変わる,【最短で翌日お届け。. ロザベス・モス カンター『企業のなかの男と女―女性が増えれば職場が変わる』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. (邦訳『企業文化のe改革』翔泳社、年)として上梓されている。 “Leadership and the Psychology of Turnaround,” HBR, June. o(オ-)の物語 - ロザベス・モス・カンタ- - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が. Ⅰ カンターの『企業のなかの男と女』論 女性のビジネス界への進出が大きな問題となっていた1970年代のアメリカ合衆国の企 業の実情をロザベス・モス・カンター(3)の著書『企業における男と女』をもとに考察する。. 6: 企業のなかの男と女 : 女性が増えれば職場が変わる: ロザベス・モス・カンター 著 ; 高井葉子 訳: 生産性: 1995. Continue reading あらすじで読む人事の名著 36 ロザベス・モス・カンター (高井葉子:訳) 『企業のなかの男と女―女性が増えれば職場が変わる』 (1995/03 生産性出版).

を授与されている。 カンターの博士論文のテーマは、「19世紀の米国のユートピア共同体」の研究[注1]であった。それは、18世紀後半から19世紀にかけて、ドイツなどの欧州からユートピア共同体の建設の夢を抱いて移り住んだシェーカー(Shakers)やアマナ(Amana)などの宗教集団について、共同体がどのような要因で今日まで継続(あるいは衰退)したかを論じる、いわばユートピア共同体の光と影の研究であった。 カンターは以後、社会学者として培った視点で企業組織や産業界を眺めることになる。ミシガン大学大学院を修了した1967年、スチュアートが念願のハーバード大学の組織行動論の教授に就任するに伴い、二人はボストンに移った。またカンター自身も、同じマサチューセッツ州にあり、ユダヤ系として著名なブランダイス大学(Brandeis University)に社会学のアシスタント・プロフェッサーとして採用された。 そこから二人の幸せな学究生活が始まったかのように思えたが、ボストンでの幸福に満ちた生活は長くは続かなかった。ボストンに移り住んでから2年後の1969年、スチュアートの死によって光は途絶えた。カンターはその後しばらく、精神的に苦しい影の生活を余儀なくされることと. 秦 万里子 私はMARIKO オンラインで kf8. よろしくお願いします ~ ブックシティ ~ 私はMARIKO kf8. 【定価59%off】 中古価格¥1,200(税込) 【¥1,790おトク!】 企業のなかの男と女女性が増えれば職場が変わる/ロザベス・モスカンター(著者),高井葉子(訳者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. ロザベス・モス・カンター(Rosabeth Moss Kanter) HBR元編集長、ハーバード・ビジネススクールの大御所. 企業のなかの男と女―女性が増えれば職場が変わる ロザベス・モス カンター, Rosabeth Moss Kanter 他 | 1995/3/1 単行本. 1977年に米国で出版された「企業のなかの男と女」。著者はハーバード・ビジネススクール教授のロザベス・モス・カンターで、1995年に邦訳が出.

企業のなかの男と女 - ロザベス・モス・カンタ- 青字 人事・マネジメント・キャリア 緑字 人文社会・自然科学 茶字 小説・随筆など 薄茶字 映画 著者名順 あ行 か行 (①か・き ②く・け・こ) さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行-わ行 平成以降の主な物故者 メインへ. カンターが再び光の世界に戻ったのは、1972年、コンサルタントのバリー・スタイン(Barry A. 小保方さん問題はなぜ、ここまで大きくなってしまったのか? ユニットリーダー、華やかな記者会見、挙げ句の果てには明らかにに一線を超えた. (邦訳『ザ チェンジマスターズ』二見書房、1984年)や、 When Giants Learn to D.

Succeeding in the Digital Culture of Tomorrow,. 現代資本主義の危機が叫ばれるなか、企業の事業活動は、社会問題、環境問題、経済問題の元凶であり、公共の利益を犯しているといった非難を浴びるようになった。 こうした状況を踏まえて、年、HBR誌の2つの論文が脚光を浴び、マッキンゼー賞を受賞した。1つは、マイケル E. ポーターが寄稿した、“Creating Shared Value,” With M. 「黄金の3割」で有名なロザベス・モス・カンターのMen and Women of the Corporation,Basic Books Inc, 1977(高井葉子訳『企業のなかの男と女』生産性出版,1995 年)、木本喜美子による紹介。. タイトル: 企業の中の男と女 ―女性が増えれば職場が変わる― 著作者: ロザベス・モス・カンター 訳 高井葉子. 人事・賃金/労務・労働 人事マネジメント全般 人事・賃金制度 退職金・企業年金 目標管理・人事考課 人材育成・教育研修・コーチング 採用・人材確保 リストラクチャリング メンタルヘルス 労働法・就業規則 大内伸哉 年金・社会保険 労働経済・労働.

企業のなかの男と女 : 女性が増えれば職場が変わる: 著者: ロザベス・モス・カンター 著: 著者: 高井葉子 訳: 著者標目: Kanter, Rosabeth Moss, 1943-著者標目: 高井, 葉子: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 生産性出版: 出版年月日等: 1995. 3 。 ページと大きさ 。 396p/20cm 。 一般注記 。. ロザベス・モス・カンターの説明 1943年オハイオ州クリーブランドに生まれ、女子大学のブリンモア大学に進んだ。 ミシガン大学で博士号を取得し、1966年から77年までブランダイス大学で社会学の助教授を務めた。. (邦訳「その病理と治療法」DHBR1980年10月号)を寄稿した。同論文では、「病理」というほどではないが、大企業組織において、経営者、スタッフ、現場監督者(もちろん女性管理者も含む)という立場にある人が、下位に対する影響力が働かずに権力喪失に陥る際の「兆候」を列挙して戒めたうえで、リーダーシップを発揮するための対処法を述べている。 カンターの著作は一貫して、企業組織が変革し、ユートピアとなるため「エンパワメント」をどのように実現させるかという問題意識に基づいている。たとえば同氏は、The Change Masters, 1983. 企業のなかの男と女 女性が増えれば職場が変わる ロザベス・モス・カンター著 高井葉子訳 管理職のためのセクハラ講座 あなたの理解で大丈夫ですか? 権力に挑む セクハラ被害と語る勇気 アニタ・ヒル著 伊藤佳代子訳.

(邦訳『企業のなかの男と女』生産性出版、1995年)として上梓した。 さらにイェール大学教授として、『Harvard Business Review(ハーバード・ビジネス・レビュー)』(以下HBR)誌に掲載された最初の論文、“Power Failure in Management Circuit,” HBR, July 1979. Kramer, HBR, January-February. Kanter)と結婚した。 カンターは1964年、同大学を優秀な成績(magna cum laude)で卒業すると、夫のスチュアートがミシガン大学の教員に採用されたことに伴い、ミシガンでの生活を始めた。その間、ミシガン大学で社会学のMAを取得し、1967年にはPh. アーバックル記念講座教授を務め、またハーバード大学アドバンスト・リーダーシップ・イニシアティブのディレクターも務めている。 カンターは、オハイオ州クリーブランドに生まれ、父は弁護士であった。1960年にクリーブランド高校を卒業後、東部の名門女子大学であり、津田塾の創始者である津田梅子も学んだブリンマー・カレッジ(Bryn Mawr College)で心理学と社会学を専攻した。同大学3年生の時、ペンシルベニア大学の院生であったスチュアート・カンター(Stuart A. 企業のなかの男と女 - 女性が増えれば職場が変わる - ロザベス・モス・カンタ- - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

カンターは一貫して組織文化の変革を提言してきたが、“Collaborative Advantage: The Art of Alliance,” HBR, July-August 1994(邦訳「コラボレーションが創る新しい競争優位」DHBR1994年11月号)では、企業成長を自社単独では実現できない現状に対して、企業間で戦略的提携が盛んに行われていることを踏まえて、戦略的提携が無駄に終わることなく、新たな競争優位の創出という成果を生み出すための提言を行っている。カンターは、戦略的提携が新しい競争優位として着実に成果を生み出すためには、人的な側面と文化面での融合を促進するエンパワメントや組織学習が不可欠であると主張した。 “Ten Deadly Mistakes of Wanna-Dots,” HBR, January. 同君がべースにしているロザベス・モス・カンターの『企業のなかの男と女』が出 版されてから30年の年月を経てきたが、状況はどのように変化してきたのであろうか。 日本はアメリカ合衆国以上に遅れているが、同じような数の問題だけで考えてよいの. See full list on dhbr. 企業のなかの男と女―女性が増えれば職場が変わる; イノベーション経営; ザ チェンジ マスターズ―21世紀への企業変革者たち 「確信力」の経営学.

企業のなかの男と女 : 女性が増えれば職場が変わる Kanter,RosabethMoss/著 高井葉子/翻訳 カンターロザベス・モス/著 Tweet. Webcat Plus: 企業のなかの男と女 : 女性が増えれば職場が変わる, アファーマティブ・アクションはなぜ必要か。組織における多数派と少数派の形成と、それぞれの行動様式を〔機会〕〔権力〕〔数〕の三面から構造的にアプローチ、現状を打開する視点を鮮やかに提示する。. 【2788】 ロザベス・モス・カンター (高井葉子:訳) 『企業のなかの男と女―女性が増えれば職場が変わる』 (1995/03 生産性出版) ★★★★☆ 「 組織論」の インデックッスへ Prev |NEXT ⇒ 【134】 沼上 幹 『 組織戦略の考え方 』. 企業のなかの男と女 。 外部サイトで調べる: 副書名 。 女性が増えれば職場が変わる 。 著者名等 。 R・M・カンター/著 。 高井 葉子/訳 。 出版者 。 生産性出版/東京 。 出版年 。 1995. ロザベス・モス・カンター(Rosabeth Moss Kanter)は1943年生まれ、当年75歳である。ハーバード・ビジネス・スクール(以下HBS)の終身教授として、アーネスト L. 定価¥2,990(税込) 企業のなかの男と女女性が増えれば職場が変わる/ロザベス・モスカンター(著者),高井葉子(訳者)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. (邦訳「競争優位のビジネス生態系」DHBR年6月号)において、教育機関や研究機関、金融機関、他の企業などの基盤となる組織や機関をネットワーク化し、知識、財務資産、人的資本を速やかに供給する仕組みとなるビジネス生態系をつくることが、経営者の取り組むべき課題となると主張した。ビジネス生態系とは、研究拠点などの知識創造と事業化する企業との連携、小規模企業や新興企業と大企業との連携、教育と雇用機会の一致、政治経済を構成するリーダーが連携した共同体である。 カンターは75歳に至るまで、社会学者として、ユートピア社会を実現する.

ロザベス・モス カンター,内山 悟志『企業文化のe改革―進化するネットビジネス型組織』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。. 【tsutaya オンラインショッピング】企業のなかの男と女/ロザベス・モス・カンタ- tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤ. 企業のなかの男と女 : 女性が増えれば職場が変わる: 企業文化のe改革 : 進化するネットビジネス型組織: 巨大企業は復活できるか : 企業オリンピック「勝者の条件」 「確信力」の経営学 : 企業を劇的に再生させたリーダーたちの哲学: 走在企业管理前沿. (邦訳「自信と信頼なくして企業再生なし」DHBR年12月号)では、業績低迷企業における組織の問題を提起した。業績低迷企業では財務と戦略が課題となる。カンターは「コスト削減は美徳でも正解でもない」と言い、それ以上の問題として、企業組織全体に働く力学が、「覇者の奢り」とは対称的な「凡夫の弱気」とも呼ばれる「学習性無力感(learned helplessness)」にあるとした. 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 邦訳『企業のなかの男と女』生産性出版)、イノベーションをテーマにしたThe Change Masters(1983年。 邦訳『 ザ チェンジ マスターズ―21世紀への企業変革者たち 』二見書房)、世界的なハイテクブームの初期に企業が直面した課題について取り上げた When. ロザベス・モス・カンター, ジョン・カオ, フレッド・ビアスマ 編 ; 堀出一郎 訳: 日経bp出版センター 日経bp社: 1998. Stein)と再婚してからであった。すぐに、スタインとともにグッドメジャーを設立して、企業調査や企業のトップマネジメントへのコンサルティング活動を始めたが、同氏は以降も前夫のカンター姓を名乗り続けた。 カンターは、1973年から1974年にかけて、一時ハーバード大学の研究員となったが、再びブランダイス大学に復帰したのち、1977年にイェール大学に異動した。イェール大学にはテニュア資格の社会学の教授として採用され、1986年にハーバード大学の1960年同窓会寄付講座の教授に就任するまで同大学に勤務した。 その間、カンターは、社会学のアプローチで大企業組織におけるトークニズ(tokenism)の研究を行った。トークニズムとは、形式だけの平等や差別撤廃の建前主義を意味する。同氏は、大企業における権力構造、就業機会、管理者などに着目して、男性をドミナントとし、女性がトークン(形式的な存在)として扱われている実態を調査した。その研究成果は、Men and Women of the Corporation, 1977.

(邦訳「共通価値の戦略」DHBR年6月号)である。同論文は、企業は共通価値の追求を通して、持続的成長を可能にする社会の実現に対して責を負うという、企業の社会的責任論を再燃させた。 もう1つは、ポーターとときを同じくしてカンターがHBR誌に寄稿した、“How Great Companies Think Differently,” HBR, November. こちらの記事に対するakupiyoさんのブックマークです → 「「黄金の3割」で有名なロザベス・モス・カンターのMen and Women of the Corporation,Basic Books Inc, 1977(高井葉子訳『企業のなかの男と女』生産性出版,1995 年)、木本喜美子による紹介。. (邦訳「グレート・カンパニーの経営論」DHBR年3月号)である。カンターは同論文の中で、「制度の論理(institutional logic)」を展開した。制度の論理とは、社会からの評価が高く、好業績を長期にわたって続けるグレート・カンパニーに共通する経営理念である。企業は、制度の論理では、利益の最大化だけが目的ではなく、経済学でいうところ「外部性」と呼ばれる社会的な問題の解決を目的として内部化し、その解決をはかる一方で、企業活動を従業員の有意義な生活を実現する手段と考える。 ただし、企業の単独の力だけでは、社会的な目的を実現することはできない。カンターは、“Enriching the Ecosystem,” HBR, March. 理化学研究所の笹井芳樹・発生再生科学総合研究所副センター長が、神戸市内で自殺を図った」との速報が流れた。1月末に「世紀の発見」と報道.

企業のなかの男と女 - ロザベス・モス・カンタ-

email: upary@gmail.com - phone:(932) 208-2650 x 7906

山口大学附属光小学校 過去問題集3 平成28年 - カーサ・フェミニナ教育研究所 - スザンナ 心の揺りかご

-> 歴代横綱おもしろ史話 - 小島貞二
-> 魔法陣グルグル ピクチャーポストカード - 衛藤ヒロユキ

企業のなかの男と女 - ロザベス・モス・カンタ- - 高野克己 食べものと健康 食品学各論


Sitemap 1

7色のスケッチ りぼん新人まんが傑作集 - 一条ゆかり - 模範演奏 本のアルトリコーダーのための組曲 ボワモルティエ ボワモルティエ